FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同軸観察光学系

 前述のダイクロイックミラーとハーフミラーを使って、レーザーの加工と観察が同位置の同軸観察光学系を作ることができます。ハーフミラーとは以下のようなミラーです。

ハーフミラー

 ハーフミラーとは入射する光を50%反射、50%透過するようなミラーです。50%反射することで照明をワーク側に照射し、50%透過することでCCDカメラが観察することを可能にします。
 ハーフミラーとはビームスプリッターの一種で、ビームスプリッターとは入射光を偏光で分けたり、入射光を分ける割合が違ったりするものの総称のようです。

 ダイクロイックミラーとハーフミラーを用いた同軸観察光学系の概略図は以下のようになります。

同軸観察光学系概略図

 カメラの観察のピントと照明の集光が合うようにしないと光量の少ないぼやけた画像になってしまいます。そのため固定光学系では比較的容易ですが、ガルバノミラー2枚とfθレンズを通すと難しくなります。

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス


スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。