スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイバーレーザーでアルミナ基板フルカット

 ファイバーレーザーの波長は1064nm付近なので、アルミナ基板に対する反射率が高く、加工を得意としません。しかもアルミナ基板をフルカットすると溶けたアルミナが断面下部に付着してしまい、とても厄介です。

 そこでファイバーレーザーのCW波(連続波)によってアルミナ基板を断面がなめらかになるように切断するには以下のような条件が必要なようです。

①レーザー自体が高出力であり、集光密度を高くする
②ノズルをワークにできるだけ近づけて、酸素アシストを10Mpa以上の高圧でかける
③加工が始まるきっかけにするため、ワーク端面の外からレーザーを通過させる

結果(加工速度200mm/s)

t=0.32アルミナ基板フルカット

t=0.32
断面はなめらかだが、切断面のどちらかにドロスが偏りやすい。

t=0.63アルミナ基板フルカット

t=0.63
断面はなめらか、ドロスもt=0.32よりは少ない。

 しかし、以上はワークを通過する形でしかフルカットをしておらず、ワークの途中からとか、穴あけ・くり抜きのような加工になると加工が不安定で、ドロスも付着しやすい。CWファイバーレーザーによるアルミナ基板フルカットはかなり難しい。

スポンサーサイト

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス


スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。