FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザーとは?

レーザーとは

 レーザーとはレーザーを発振する媒体を用いて光を増幅して作った指向性・収束性の高い人工的な光のことです。レーザーの名は「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(輻射の誘導放出による光増幅)」の頭文字から来ています。レーザーは長距離を拡散せずに伝搬したり、非常に小さなスポットに収束したりすることが可能なのでレーザーポインターや照準器、また光ディスクのピックアップ、加工用途、光通信など様々な用途に応用されています。


連続発振とパルス発振

 またレーザーでの加工用途として特に重要な点はパルス発振です。パルス発振ではナノ秒~ピコ秒~フェムト秒と時間幅の短いパルス光を得ることが可能で、短い時間幅の中にエネルギーを集中することで高いピークエネルギーを得ることができます。結果として加工対象物の熱影響部位を限られた範囲に留めることでレーザー加工では宿命的な熱影響を極力抑えることができます。フェムト秒のレーザーともなると熱影響の全く無い高品位な加工が可能ですが、現在ではまだ出力も弱く、かなりの高コストです。
 それに反して連続発振とは短い時間にエネルギーを集中するのではなく、レーザー光を発振したまま出しっぱなしの発振方法です。この発振方法では溶接や切断など、熱エネルギーを要する加工に向いています。

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。