FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

波長分割と短パルス

 波長1064nmのレーザーは基本波(IR)と呼ばれ、そのレーザーの波長を整数倍に分割することでレーザーの特性を変えることができます。波長を2分割(532nm)、3分割(355nm)、4分割(266nm)したものをそれぞれ第2高調波(SHG)、第3高調波(THG)、第4高調波(FHG)と呼びます。波長を細かく分割するほど微細で熱影響の少ない加工ができる反面、高出力の実現が難しく、コストも高くなります。第3高調波よりも波長が細かくなるとどんな材料も加工できるようになりますが、技術的な面で取扱が難しくなります。

 また、熱影響を少なく加工するためには波長を細かく分割する他にも短パルスにするという方法があります。通常のYAGパルスレーザーと言うと数十ナノ秒程度のパルス幅ですが、それをピコ秒、フェムト秒、研究段階ではアト秒のパルス幅のレーザーがあるようです。フェムト秒のレーザーは市場に出回ってますが、べらぼうに高いです。

◆参考
ミリ:10の-3乗
マイクロ:10の-6乗
ナノ:10の-9乗
ピコ:10の-12乗
フェムト:10の-15乗
アト:10の-18乗

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。