FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーインフレするレーザーポインタ

レーザーポインタ
 左が日本メーカーのコクヨ製LEDライト&レーザーポインター(グリーン)出力1mW、射程約200m。右が某アメリカ製レーザーポインター(グリーン)出力600mW、射程約380km。


 レーザーポインタとはご存知でしょうか?なにか講義とかしている人が注目してほしい部分を指す時に使う、指し棒に替わるアレです。古くは赤色のレーザーポインタが普通でしたがこの頃は緑色のレーザーポインタも安くなってきていて、緑色レーザーは赤色レーザーに比べて8倍明るいため人気を集めているようです。

 国内で製造販売されているレーザーポインタは出力が1mW以下という法律上の規制があるため、比較的安全性は高い(しかし直接目に入ると多少危険)ですが、海外で製造されているレーザーポインタにはそういった規制が無く、輸入販売に関する国内の規制も無いために容易に高出力のレーザーポインタがネット等で買えてしまいます。特に緑色レーザーの出力の高さはインフレ化していて、最も出力が高いものになると600mWのものが売っています(クラス4レーザー)。

 600mW緑色レーザーというともうレーザーポインタではなく、ほとんど武器です。皮膚にレーザーが当たれば火傷しますし、燃えやすい材質に当たれば発火します。反射光ですら目に危険で、直接目に入れば失明してしまう可能性が高いほど危険です。集光すれば金属も削れます。レーザーの射程も300kmを超すほどです。

 このような危険なアイテムが安価に簡単に買えてしまうのは問題あるのと同時に、レーザーの危険性の認識の低い人が使用すると事故が起こる可能性も高いですし、そもそもレーザーポインタにそんな高出力は全く必要ありません。最近では飛行機にレーザーポインタでイタズラするなどありましたが、そんなのはもうイタズラではなくテロ行為なので、作る側も売る側も安全性を考えてほしいものです。

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。