スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VBでの初期準備

★ymcPCAPI.dllファイルの設置

 モーションAPIの機能を提供する「ymcPCAPI.dll」ファイルをVBのプロジェクトファイルと同一のディレクトリ内や、「C:\WINDOWS\system32」、「C:\WINDOWS\system」、「C:\WINDOWS」などのシステムフォルダ内に設置します。

★標準モジュールの追加

 サンプルプログラムから、「定数定義」、「エラーコード定義」、「関数定義」、「構造体定義」の標準モジュール「ymcPC*.bas」4ファイルを追加します。
i070227_1



必要なら、「構造体定義」に以下を追記してください。


'DWORD_DATA構造体
Public Type DWORD_DATA
  DataType As Long 'データタイプ(0: immediate, 1: indirect designation)
  Data    As Long  'データ 間接指定の場合はhGlobalDataを格納
End Type


これでモーションAPIを使用する準備ができました。
次回「コントローラハンドル取得」へ続く...

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。