FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザー用ミラー:金属コーティングについて

 レーザー用ミラーのコーティングのうちの金属コーティングとは、光を反射し易い金属そのものの光学的性質を利用したものです。特徴としては幅広い波長域に対して反射特性が良く、入射角と偏光状態に依存しない、さらに安価であるという点です。

 しかしながら誘電体コーティングと比べると、特定の波長の光での反射率が高くなかったり、金属なので酸化してしまう場合があります(反射特性と耐久性に劣ります)。そのようなことを防ぐために、金属コーティング上に誘電体の薄膜を施す場合が良くあります。このような金属コーティングを「エンハンスド(増強型)」と呼びます。

 金属膜の上に硬い誘電体の薄膜をコーティングすることで、光学特性を向上させ、金属膜自体も酸化や磨耗から保護することができます。

 金属コーティングで使われるのはアルミニウム(Al)、銀(Ag)、金(Au)です。参考に保護膜なしの場合の反射率を以下のグラフに示します。

アルミニウムコーティングの反射率(保護膜なし)

銀コーティングの反射率(保護膜なし)

金コーティングの反射率(保護膜なし)
※可視光領域の波長はだいたい380nm~750nmです

テーマ : 自然科学
ジャンル : 学問・文化・芸術


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。