FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレセントリックfθレンズの集光スポット

 fθレンズとは、ガルバノやポリゴン等のスキャナーで偏向されたビームを平らな像面に集光し、スキャナーの等角運動を等速運動に変換してスキャンすることができるレンズです。その中でもテレセントリックfθレンズは、平らな像面に対して垂直に集光するように設計されたレンズなので、加工範囲においてレーザーの加工スポットが均一になるはずです。

 そこで加工範囲□60mmのテレセントリックfθレンズの加工スポットを観察してみました。

加工観察位置
 加工位置□60mmにおいての端の加工と加工位置□30mmにおいての端の加工を観察しました。

加工位置□60mmにおいての端の加工
 加工位置□60mmにおいての端の加工

加工位置□30mmにおいての端の加工
 加工位置□30mmにおいての端の加工

 均一な加工結果は得られませんでした。ガルバノミラーの位置関係も問題ないはずなんで、fθレンズの設計の問題なのか、そういうものなのか、レンズの専門家ではないんで良く分からないですが設計者に問い合わせしてみようと思います。

テーマ : ものづくり
ジャンル : ビジネス


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク
コンテンツ
リンク
ブログ・PVランキング
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。